最強!ステータスクレジットカード研究所 > 魅惑のカードたち > シティカードジャパン > シティ ゴールドカード

シティ ゴールドカード(Citi GOLD CARD)

シティ ゴールドカードは、シティカードジャパン株式会社→三井住友トラストクラブ株式会社に名称変更時に、発行を終了しました。

名称は異なりますが、SuMi TRUST CLUB ゴールドカードが実質の後継カードとなりますので、最新情報はそちらをご覧ください。

過去の情報の参照用に本ページは残していますが、発行を終了したカードですのでページ内容は更新しません。情報は執筆当時の古いものとなっていますのでご注意ください。

シティ ゴールドカード・カードフェイス
カード名称
シティ ゴールドカード
クラス
ゴールド
発行会社
シティカードジャパン株式会社
年会費
12,000円+税
取得難易度
★★☆☆☆(通常申込可)
審査基準
25歳以上 年収400万円以上

これぞゴールド!といった感じで重厚な存在感を放つのがシティ ゴールドカードです。なお、citibank銀行に行くと、一般カードではなく、こちらのゴールドの申し込みの方が標準みたいです。パンフレットに一般カードが載っていなかったので(笑)おそらくこちらの方が一押しなのでしょう。

このカードは、年齢も25歳から取得できますので、ステータス志向のヤングエグゼクティブに最適です。限度額が大きいため大きな買い物にも不自由しません。また、見た目がとてもキラキラ(ギラギラ?)している為、非常に見栄えするのも人気の理由だと思います。(目立ち度はかなり高い方だと思います。個人的には裏面のゴールドの濃淡グラデーションが好き!)

しかもゴールドの中では25歳から持てるので審査基準も緩やかな方だと思います。

参考:私の持っていた旧VISAロゴの実際のカード(現在は少しカードフェイスが違います)。裏面は日本の他のカードとは少し雰囲気が異なります。
シティ ゴールドカード表面裏面

Citibank銀行でお得

citibank銀行は、一定以上の預金がないと口座維持手数料・月額2,000円(税抜)が掛かる銀行です。しかし、シティ ゴールドカードの支払い口座をcitibank銀行に指定すると、それが無条件で無料になります。デスクに確認したところ、指定するだけで、引き落としが無くてもOKだそうです。

それもこれも、citibank銀行と密接な関係だからなのですが、他にも銀行と連動したお得な点があります。citibank銀行に最低1000万円以上の資産を預ければ、Citi GOLDメンバー(シティ ゴールドカードとは別です)になれ、Citi GOLDメンバー限定特典付きのシティ ゴールドカードを持つ事ができます。こちらは年間のカード利用金額が30万円以上で、年会費が無料になるという超お得なものです。さらにCiti GOLDメンバーとして取引が深い方には、最上級のステータスである、あの超レアカードである「ダイナースプレミアム」も持てる可能性があります。

VISAプラチナへの最短切符

シティカードジャパン社では、日本では貴重なVISAプラチナカードを発行している会社でもあります。ゴールド⇒プラチナの順にステータス性もアップしていくのですが、プラチナを目指される方には絶対ゴールドの方がお勧めです。

プラチナはインビテーションが無いと取得する事が出来ないのですが、ゴールドにすれば、常にその可能性があります。私も10ヶ月くらいでインビ来ましたし、私の知り合いでも一年程でプラチナの案内が来たという人もいます。なので、プラチナが欲しい人は、とりあえず作っておくべし。

がんばってたくさん決済して、よりステータスの高いプラチナカードを狙うのも面白いと思います。(でも私は決済額はあんまり関係ない気がするなぁ~、第一世代の旧プラチナになりますが、シティ プラチナカード取得体験レポートもあるので参考にしてください)

還元率

Amazonギフト券に交換した場合、還元率は0.999%、つまり1%と考えても良いと思います。

年間利用金額 ボーナスポイント
(Amzonギフト券相当の金額)
通常ポイント 合計還元率
50万円 2500
(833円)
15000
(4999円)
1.166%
100万円 6000
(1999円)
30000
(9999円)
1.199%
150万円 6000
(1999円)
45000
(14999円)
1.133%

シティ ゴールドカードの詳細スペック

Citi GOLD CARD INFORMATION
公式サイト シティ ゴールドカード
クラス ゴールド
発行会社 シティカードジャパン株式会社
年会費 本会員:12,000円+税
家族会員:年会費無料
取得難易度 ★★☆☆☆
目立ち度 ★★★★☆
還元率 0.999%~1.199%
1ポイント=0.333円
※Amazonギフト件に交換した場合
審査・入会基準
25歳以上 年収400万円以上
※入会に際して所定の審査があります。

多重申込にも比較的寛容!?

備考 外資系ならではの人気があります。クレカマニア・クレカオタクにははずせない人気の一枚です。きれいなキラキラで非常に目立ちます。限度額も非常に大きいので、ショッピングもしやすいです。欠点を言えば、会員誌が無いところや、保険が自動付帯じゃないところ。(利用付帯です)
上位/下位カード

※上記評価は当サイト管理人による調査をもとにした評価であり、絶対的な評価を意味する訳ではありません。また、上記審査基準や年会費は、執筆した時期のものです。変更は随時していますが、最新情報はオフィシャルサイトでご確認下さい。

【魅惑のカードたち】カテゴリの記事一覧

アメリカン・エキスプレス
三井住友トラストクラブ
三井住友カード
ジェーシービー
JALカード
ANAカード

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓