最強!ステータスクレジットカード研究所 > 魅惑のカードたち > シティカードジャパン > シティ セレクト VISA プラチナカード【第二世代目】

シティ セレクト VISA プラチナカード【第二世代目】

「シティ セレクト VISA プラチナカード」は発行終了し、カードフェイスや名称が変わった新生シティ プラチナカード(第三世代目)ができました。

当ページは、旧シティ プラチナカードについてご紹介しています。最新情報をお知りになりたい方は、上記ページをご覧ください。

VISAプラチナとして、三井住友カードに続いて発行されたのがシティプラチナ。正確にはいつだか忘れましたが、2004年くらいから発行され始めた、Citi-VISAの最上位カードです。当初はシティ プラチナカードという名称で発行を開始しましたが、2010年12月15日に大幅リニューアル。カード名称がシティ セレクト VISA プラチナカードとなり、サービスや年会費、カードフェイスも一新されました。

※参考情報:リニューアル前のシティ プラチナカード(第一世代目)の紹介ページ

カードフェイス

先ほどの通り、2010年12月15日のリニューアル時に、カードフェイスもリニューアルされています。実物はまだ見ていませんが、見た目は以前と同様、プラチナというよりもブラックベース。それに加え、今回のデザインはバックに装飾的なデザインが施されています。

シティ プラチナカード
参考:リニューアル前の
シティ プラチナカード
(VISAロゴも旧ロゴのものです)

あくまで写真を見る限りですが、このバックの装飾がちょっとうるさいようにも見えますね。実際手に取ってみると、質感や色合いが良いこともあるので一概には言えませんが、リニューアル前の方がフェイスはいいように感じます。

もしカードフェイス命の方なら、近い年会費・グレードだと三井住友VISAプラチナの方が所有欲を満たせるかもしれません。

発行審査基準

リニューアル前はインビテーションオンリーで、最低限の資格として、シティ ゴールドカードを保持している必要がありました。ですが現在は、シティカードジャパンのサイトから、オンラインでの申込みも可能です。

気になる審査基準は、オフィシャルサイトによると「入会に際して所定の審査があります。」とのこと。これではさっぱり分かりませんが、少なくともシティ ゴールドカード以上の審査基準でしょう。つまり最低でも、25歳以上、年収400万円以上程度は必要になりそうです。これまで同社(シティーカードジャパン)のカードを全く持ったことがない完全新規での申込みであれば、もうちょっと必要かもしれません。

自信のない方は、先にシティ ゴールドを所持して、半年~一年してからアップグレード(正確にはゴールド解約&プラチナ新規で申込み)する方が無難でしょう。その間にインビテーションがくればさらに儲けものですしね。ちなみにインビテーションの件で余談ですが、MasterCardのゴールドホルダーにもVISAプラチナのインビテーションは来るようです。

20代でも取得可能なプラチナカード

このカードが出た当初は、かなりのステータス性がありました。というのも、それなりにシティ ゴールドで決済をしていて、年齢もそれなりの人だけにインビテーションを送っていたようです。おそらくは乱発を避け、希少性を打ち出すようなブランディング戦略だったのでしょう。

ですが今では戦略が変わったのか、20代でも十分取得可能なプラチナカードとなっています(事実私も前身のシティ プラチナカードを、20代で取得しました。左記リンク先には体験記もあるので、よろしければご覧ください)。

二十代でVISAプラチナカードを持ちたいという方は、三井住友VISAプラチナよりは大分審査基準が柔軟だと思われるので、こちらを狙ってみるのもいいかもしれません。

Citi PLATINUM CARD INFORMATION
公式サイト シティ セレクト VISA プラチナカード
(発行終了)
年会費 本会員:税抜35,000円+税
家族会員:無料
取得難易度 ★★★★★★☆☆☆☆
※当サイトの旧基準につき、現サイトの基準とは異なります。
目立ち度 ★★★★★★☆☆☆☆
※当サイトの旧基準につき、現サイトの基準とは異なります。
審査・入会基準

オフィシャルサイトには「入会に際して所定の審査があります。」としか書かれていない。
シティ ゴールド以上だと思われるので、25歳-年収400万円以上くらいからだと推測される。

備考 外資系ならではの人気があります。券面はダーク系なので、バックの装飾はありますが、それ程は目立だないと思われます。

※上記評価は当サイト管理人による調査をもとにした評価であり、絶対的な評価を意味する訳ではありません。また、上記審査基準や年会費は、執筆した時期のものです。変更は随時していますが、最新情報はオフィシャルサイトでご確認下さい。

【魅惑のカードたち】カテゴリの記事一覧

アメリカン・エキスプレス
三井住友トラストクラブ
三井住友カード
ジェーシービー
JALカード
ANAカード

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓