最強!ステータスクレジットカード研究所 > 20代でゴールド・プラチナを持つ!

20代でゴールド・プラチナを持つ!

20代でゴールド・プラチナを持つ!

このサイトを見ていて、ゴールドカードやプラチナカードが欲しくなったという若い方もたくさんいるんじゃないでしょうか。でも、「20代じゃ無理に決まってる」と思いこんでいませんか?

クレジットカード初心者の方にとっては意外かもしれませんが、実はそんな事はありません。たしかに一昔前は、ゴールドカードでさえ圧倒的なステータスがあり、取得するのはそれなりの属性が必要でした(というか昔はゴールド以上のカードが無かったからでもありますが)。しかし、現在の状況は大きく変わっています。

今では、20代でゴールドカードは当たり前。カードによってはプラチナまでも20代でいけます。もちろん、年収が高いような特別な人でなくても、です。

ただし、本当にお金を持っている人は別として、普通の人がゴールドやプラチナを持ちやすくするためには、ちょっとした知識が必要です。それら知識については、本ページでご紹介しますので、興味のある方はぜひチャレンジしてほしいと思います。

ゴールド編

プラチナなどのインビテーションオンリー(招待制)のカードはまずは置いておき、ゴールドは審査基準(申込みの資格)が明示されています。まずは申込み資格があるのか、その審査基準を確認してみてください。そうすれば、意外にも20代に門戸を広げていることがお分かりいただけると思います。

でも、「複数の会社の審査基準を調べるのは大変!」と思われませんでしたか?お任せ下さい、当サイトの調査で、20代で申込み可能でかつステータスを感じられる、またはその先のカード(上位カード)まで目指せるゴールドカードを選びました。

これらの中から選べば外すことはない、というクレジットカードです。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード・カードフェイス
カード名称
JCBゴールドカード
クラス
ゴールド
発行会社
株式会社ジェーシービー
年会費
10,000円+税
取得難易度
★★半分☆☆☆(通常申込可)
審査基準
20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。

今回ご紹介するカードの中で、(というよりも全てのゴールドカードの中で)もっとも審査基準が緩やかな部類に入るゴールドカード。なんと20歳から取得可能です。とはいってもゴールド独自の審査基準がありますので、一般カードと全く同じ審査というわけではありません。でも、普通に正社員の方ならほとんど問題ないみたいですね(自営の場合も、勤続年数が数年あれば十分でしょう)。

自信がない方は、さらに基準が甘い一般カードをまず作り、その後ウェブサービスであるMyJCBからのアップグレードがお勧めです。私も見ていたカードスタッフさんの掲示板で数ヶ月で取得された報告例が多数ありました。なんでも主婦の方でもOKみたいです。

ゴールドのコストパフォーマンスは高く、日本において決済性も優れているため、機能的にはまずまず。いずれスーパーゴールドであるプレミアムカード、ザ・クラスにアップグレードする道も目指せます。

JCBゴールドカードの説明ページへ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・カードフェイス
カード名称
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
クラス
ゴールド
発行会社
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本支社)
年会費
29,000円+税
取得難易度
★★☆☆☆(通常申込可)
審査基準
※カード発行に際しては、アメリカン・エキスプレス所定の審査がございます。

年齢は25歳から、と以前は書いてあったと思いますが、現在は書いていないっぽい(?)です。しかし、並以上の収入or属性がない限り、基本的には25歳くらいからが目安と思っておいた方が良いでしょう。ただし学生 / 主婦 / 無職 / 派遣社員 は基本的に駄目ですのでご注意ください。

なんとなく敷居が高そうなイメージがありますが、特別に審査が厳しいわけではありません。普通に収入のある方で、25歳以上の方であれば、物怖じする事なく突撃してみてください。ただし、年収は300万以上くらいはあった方がいいかもしれません。

こちらもどうしても自信が無い方や、25歳以下の方は、急がば回れ。先にグリーンのアメリカン・エキスプレス・カードを作り、半年~一年後にアップグレード申請しましょう。支払いに問題なければ超高確率でゴールドを持てるはずです。(ていうか何もしなくてもインビが来るかもしれません)

ご存じの通り、上位カードには、プラチナ、ブラック(センチュリオン)がありますので、上を目指したい方には一番お勧めです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの説明ページへ

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード・カードフェイス
カード名称
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
クラス
ゴールド
発行会社
三井住友トラストクラブ株式会社
年会費
12,000円+税
取得難易度
★★☆☆☆(通常申込可)
審査基準
25歳以上 年収400万円以上

こちらは25歳からで、年収が400万円以上という記載がオフィシャルサイトにあります。ただし、カッコして「目安」と書いてあるので、多少柔軟に対応してくれるのでしょう。

カードの機能を考えると、年会費的にコストパフォーマンスは高くないかもしれません。が、信託銀行系ならではの魅力があるんですよね。カードフェイスもシンプルなのがいい感じです。

上位カードとして、VISAプラチナである、SuMi TRUST CLUB プラチナカードも目指せます。

SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの説明ページへ

プラチナ&準プラチナ編

自ら申し込みができるタイプのプラチナカードです。インビテーションを待つ必要が無いので、比較的持ちやすくやありますが、ステータス性が低い訳ではありません。もちろん、20代から申し込めるカードです。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード・カードフェイス
カード名称
SuMi TRUST CLUB プラチナカード
クラス
プラチナ
発行会社
三井住友トラストクラブ株式会社
年会費
35,000円+税
取得難易度
★★★半分☆☆(通常申込可)
審査基準
25歳以上

こちらは20代で取得可能なプラチナカード。具体的な目安としては、25歳で年収400万円程度からOKです。

最初から本カードに申込をしても良いですし、まずはSuMi TRUST CLUB ゴールドカードを取得して、普通に使っていればインビがくると思います。

かなり前になりますが、私は本カードの前身である、シティ プラチナカードを持っていました。その際はゴールド取得から8ヶ月か9ヶ月くらいでプラチナのインビが来たことがあります。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの説明ページへ

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード・カードフェイス
カード名称
ダイナースクラブカード
クラス
アッパーゴールド(準プラチナ)
発行会社
三井住友トラストクラブ株式会社
年会費
22,000円+税
取得難易度
★★★☆☆(通常申込可)
審査基準
年齢27歳以上の方

こちらは27歳から取得可能。券面的にはシルバーですが、ランクとしてはアッパーゴールド(ゴールドより上)でかつ、プラチナカードまではいかないグレードです。

しかしながら、すぐ上でご紹介した、SuMi TRUST CLUB プラチナカードよりも審査基準は厳しいです。

どちらも発行会社は三井住友トラストクラブなのですが、SuMi TRUST CLUB プラチナカードは 25歳以上で年収400万円くらいが目安。こちらのダイナースクラブカードは27歳以上で年収500万円くらいが目安。プラチナカードよりも審査基準が厳しいんですね。

実はダイナースクラブカードは、由緒正しい歴史のあるステータスカード。アメックスとよく比較されるほどの人気カードブランドです。プラチナカードではありませんが、こちらの方が同社のプラチナよりも上に位置するグレードなのも、不思議ではありません。

最初の通り、27歳から取得できますので、年齢の条件を満たしており、年収が500万以上あれば、こちらの方がステータス感は得られますね。さらに上の、ダイナースプレミアムを目指すにも、本カードが最適です。

ダイナースクラブカードの説明ページへ

プラチナ編:完全招待制

ここから先はインビ(インビテーション)のみですので、最初から申し込むことはできません。まずは先に紹介したゴールドクラスを取得し、そのカードでクレヒスをつけて、ひたすらインビを待ちましょう。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)

JCBゴールドカードの上位カードであり、JCBの最高峰カード。これ以上のJCBカードは存在しません。黒い券面なのでブラックカードとも言われますが、その機能的にはプラチナカードと言って良いでしょう。逆に言えば、ブラックカードの所有感も味わえるということになりますね(^^)

ずっと前は(オフィシャルかさくらカードだかどこかでみた気がするのですが)年齢がいくつで年収がいくら、といったような記述があったような気がするのですが、現在確認できません。確か40代くらいだったような気がします。

現在では、30代でインビテーションは普通に来るようです。20代での取得は今のところ個人的には情報がありませんが、明確に何歳という記述があるわけでは無いので20代でも可能がゼロというわけでは無いでしょう。

JCBゴールドカードでたくさん決済していれば、インビテーションが来ます。先ほどの通り、自分からは申し込みができないインビテーション専用カードと書いていますが、実は密かに申込書を取り寄せられることもあるようです(もちろん非公式です)。

JCBゴールドの裏面に記載されたサポートデスクに電話の上、「ザ・クラスがどうしてもほしいんです!」と言って対応してくれることもあるとか。いずれにしても、JCBゴールドカードを取得することが先決です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

オフィシャルサイトにも情報がほとんど無いので正確にはわかりませんが、25歳以上くらいからではないかと私は推測しています。アメックスゴールドを無難に使っていれば、インビテーションが来るそう。25歳でゴールドを持てば、そのまま20代でプラチナインビも十分期待できるでしょう。年会費は10万オーバーなので、払えるくらいの経済力も必要ですけどね。

結論、20代OK!突撃しちゃって下さい!

みんなが持っていないカードを持つというのも、ある種の楽しみだと思います。一昔前は考えられませんでしたけど、今は20代でも十分プラチナまでいけます!年収がたいした事なくても、私のように実際に持っている人もいるんです。必要なのは当ページで紹介しているような基本的な知識と、申込みする行動力だけと言えるでしょう。

皆さんも、ぜひ取得に挑戦してみてください。私がそうだったのですが、「審査通るわけないよなぁ」とうだうだ考えているだけでは絶対にゲットできません。「えぇえい、ままよ!」と突撃してみましょう。まずはインビが不要な自分から申込みができるカードを作り、クレヒスを積んでみてください。

プラチナやゴールドは年会費は高いですが、不思議な魅力があります。結果として、そのカードに見合う自分になろうという気持ちが芽生えれば、決して年会費も高くないといえるかもしれませんよ。

特集バックナンバー

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓