最強!ステータスクレジットカード研究所 > ステータスカード取得への道 > 下位クラスのカードを取得しよう

下位クラスのカードを取得しよう

さて、意外と高くない!?審査基準を確認しようのページにて、それ程に審査基準が高くないカードも多いことがお分かりいただけたと思います。

ですので、まずは欲しいカードがあるのなら、明らかに審査基準を満たしていない場合を除き、突撃してみてください。ここで取得できたら、「ステータスカード取得への道」の第一歩はひとまず成功したことになりますね(さらに上のカードや他のカードも欲しくなってくるかもしれませんが(^^;))。

しかし、もしそこで審査に落ちてしまったり、「やはりちょっと自信がないなぁ」という方は、より着実な方法を採るのもよいでしょう。その着実な方法とは、お目当ての会社の発行する、下位クラスのカードを取得することです。

これは例えるならば、一歩ではなく、半歩を踏み出すイメージ。その分ハードルが下がります。さっそく詳しく説明していきましょう。

下位クラスのカードとは!?

まずは、下位クラスのカードについて説明します。下位クラスのカードとは、その名の通り、お目当てのカードより下のランクに位置するカードのことです。

例えば、お目当てのカードがアメックス・ゴールドならアメックス・グリーン。三井住友ゴールドカードなら、三井住友クラシックカード、といった感じです。

下位クラスのカードは当然ですが、その分審査基準が緩やかになっています。特に一般カードなら、信用情報に問題が無ければ大抵持てますからね。

したがって、まずは取得しやすい下位クラスカードを取得して、社内クレヒス(クレジットヒストリー)を作る。そしてしばらく経ってからアップグレードを目指す……という戦法が極めて有効なのです。

アップグレードは優遇審査!

なぜそのような方法が有効なのかというと、新規でのカード申込みと比較し、アップグレードの場合は、断然審査が甘くなるからです。それは、アップグレードまでの会員期間が長ければ長い程、また、支払い実績が優良であればあるほど有効に働きます。

考えてみてください。もしあなたがクレジットカード発行の権限を持つ担当者だとしたら、どこのだれかも分からない新規の人にカードを発行するのと、すでに利用実績がある優良顧客にカードを発行するのと、どちらが信用おけるでしょうか(またはどちらがリスクを感じるでしょうか)。

当然、すでに利用実績がある人の方が、信用おけるに決まっていますよね。いくら属性が良くても延滞する人はしますし、属性だけでは「延滞しないという人間性」までは審査することはできませんので。つまり、実績がある人の方が信用おける=審査が甘くなるのは当然のことなのです。

多少の融通を利かせてくれることも

というわけで、新規で申し込む際には、当然通常の基準での審査。アップグレードの場合、利用実績を大幅に加味した審査となるわけです。

例えば、アメックスグリーン⇒アメックスゴールドへのアップグレードという場合をみてみましょう。基本的には、アメックスゴールドは25歳程度からが新規で取得する目安となります。しかし、もしグリーンで十分な利用実績があれば、25歳未満でも融通を利かせてくれてゴールドが取得できる可能性もあります。(特にアメックスは、属性よりも支払実績を重視してくれるようです)

よって、まずはゲットしたいクレジットカードの下位カードを取得して、”優良顧客”になってしまう作戦は、非常に有効となるのです。

下位クラスのカードを取得した後の注意点

ただし、せっかく下位クラスのカードを取得しても、適切に扱わなければ効果が減少してしまいます。それどころか、むしろ逆効果になってしまうことも。

下位クラスのカードを取得できたら、以下のことに注意してください。

絶対に延滞しない

下位クラスのカードを取得することは、お目当てのクレジットカード会社に対する信用を積み重ねることが目的です。したがって、支払が遅れるようなことがあってはなりません。

延滞をすれば信用を落としてしまうことになり、アップグレードの際に悪影響を与えてしまいます。厳しいクレジットカード会社だと、2~3度の延滞で強制解約もあり、そうなると、該当クレジットカード会社のカードは半永久的に持てなくなります。これでは本末転倒ですね。

延滞しないということは、カードホルダーとして当然の義務ではありますが、修行中は特に気をつけたいところです。

適度に使う

せっかく下位クラスのカードを作っていても、使わなければ優良会員とは言えません。

特に、全く使わない、俗に言う休眠会員はあまり良くありません。一部の高額な年会費がかかるカードを除き、クレジットカード会社にとって休眠会員はあまり優良ではない会員なのです。データ維持費やカード発券などのコストはかかれど、わずかな年会費分しか回収できないからです。

優良顧客というのは“クレジットカード会社にとって利益となるお客さん”という意味。できるだけカードを使い、クレジットカード会社をたんまり儲けさせてあげましょう。儲けさせて上げた額が、アップグレードの際の優遇審査に直結するとお考えください。

下位カード一覧

それでは、下位クラスのカードの一覧を見てみましょう。左側が上位クラスのカードで、右側に向けて下位クラスのカードとなっています。こちらを参考に、下位クラスのカードを取得してみてください。(リンクになっていない所は、随時埋めていきたいと思います。)

上位クラスのカード 下位クラスのカード
三井住友VISAプラチナカード 三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAプライムゴールドカード(20代限定) 三井住友VISAクラシックカード
JCB THE CLASS JCBゴールドカード JCB GOLD EXTAGE(20代限定) JCB一般カード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・カード
SuMi TRUST CLUB プラチナカード SuMi TRUST CLUB ゴールドカード SuMi TRUST CLUB エリートカード  
ダイナースプレミアム ダイナースクラブカード SuMi TRUST CLUB ゴールドカード SuMi TRUST CLUB エリートカード

の背景部分は、直接的にではありません(SuMi TRUST CLUBゴールドからダイナースにアップグレードできるわけではない)。明確なソースはありませんが、同じ会社のカードなので、クレヒスとなる可能性はほぼ間違いないと思います。

【ステータスカード取得への道】カテゴリの記事一覧


最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓