最強!ステータスクレジットカード研究所 > 魅惑のカードたち > シティカードジャパン > シティ クラシックカード

シティ クラシックカード(Citi Classic CARD)

残念ながら、シティ クラシックカードは発行を終了しました。過去の情報の参照用にページを残していますが、発行を終了したカードですのでページ内容は更新しません。情報は執筆当時の古いものとなっていますのでご注意ください。

クラシック(一般)でありながら、なぜかステータス性を放つのは、外資系ならではなのでしょうか!?CitiBANK銀行自体が、富裕層をターゲットにしている且つ、一般人には若干なじみが無い銀行である事からも、どこかミステリアスなイメージがあるのだと思います。三井住友や三菱東京UFJ、みずほ等のメガバンク系のクレジットカード会社に比べて、ちょっとオシャレな感じがしますね(日本人は外国の物に弱いから?)。

いずれはVISAプラチナも

シティカードジャパン社では、日本では貴重なVISAプラチナカードを発行している会社でもあります。その他のカード⇒ゴールド⇒プラチナまで順番にステップアップしていく事もできます。長年会員になっていれば、取得できる可能性もぐんとあがるでしょう。他のカードもありますが、プラチナを目指される方でしたら、最初からシティ ゴールドカードを申し込まれた方がよいかと思います。

なお、カードの国際ブランド(VISAまたはMasterCard)を選ぶ際に覚えておきたいことが少々。実は、マスターカード版のシティ プラチナカードは(執筆時)ありませんので、最初からVISAを選んでおいた方がいいかもしれません。

シティ クラシックカードの詳細スペック

Citi CARD INFORMATION
公式サイト シティ クラシックカード
クラス 一般
発行会社 シティカードジャパン株式会社
年会費 本会員:3,000円+税
家族会員:1,500円+税
取得難易度 ★☆☆☆☆
目立ち度 ★★★☆☆
審査・入会基準
20歳以上 年収200万円以上
備考 取得がしやすい割りに、若い女性を中心に人気があるとの事。外資系ならではのミステリアスさが魅力なのかもしれません。
上位/下位カード

※上記評価は当サイト管理人による調査をもとにした評価であり、絶対的な評価を意味する訳ではありません。また、上記審査基準や年会費は、執筆した時期のものです。変更は随時していますが、最新情報はオフィシャルサイトでご確認下さい。

【魅惑のカードたち】カテゴリの記事一覧

アメリカン・エキスプレス
三井住友トラストクラブ
三井住友カード
ジェーシービー
JALカード
ANAカード

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓